【中学生・高校生におすすめ】ゲーム開発で人気のUnityの特長を3つ紹介!

【初心者におすすめ】ゲーム開発で人気のUnityの特長 を3つ紹介!

おもにゲーム開発などで使われているゲームエンジン「Unity(ユニティ)」について、特長と将来性を紹介しています。

「Scratch(スクラッチ)」でプログラミングを学んできたけれど、次に何を学べば良いか分からないという方は、Unityを勉強することをおすすめします。
Unityは本格的な2D・3Dゲームを制作できます。iPhoneやAndroid、PlayStation4などのゲーム開発に使われていますが、誰でも簡単に使え、最近ではVR対応アプリを開発できるということでより一層大きな注目を集めています。

Unityとは

Unityはユニティ・テクノロジーズが開発している、モバイル・パソコン・ブラウザ全ての端末向けのゲームを開発することができる、非常に汎用性の高いゲームエンジンです。
ゲームエンジンとは、ゲームを開発する際によく使われる技術や機能をまとめ、ゲームを作りやすくしたものです。
実際にUnityを採用したゲームソフトは数多く存在し、有名なものだと『Pokémon GO』(Niantic)、『アズールレーン』(Yostar)、『Beat Saber』(Beat Games)などが挙げられます。

また、ゲーム開発だけに留まらず、テレビアニメのエンディングアニメーションや、医療・建築・自動車分野においてのシミュレーター用途にも利用されています。

ジャンルを問わずクリエイターを支える技術として、利用者を広げ続けるUnityは将来性の高い技術と言えます。

Unityの特長

①ゲームを作りながら本格的なプログラミング力が身につく!

Unity単体でも簡単なゲームを作ることができますが、C#(シーシャープ)というプログラミング言語と組み合わせることで、より奥深い作品を制作することができます。
C#とは、マイクロソフトが開発したプログラミング言語であり、さまざまなサービスに採用されている技術です。

Unity画面Unity画面

ビジュアルプログラミング言語であるScratchでプログラミングの基礎を身に付けた後に、Unityで実践的なプログラミング言語を学ぶことでより理解が深まります。
また、C#などのプログラミング言語を習得すると、他のプログラミング言語も理解しやすくなります。そのため、ゲーム開発ののちにAIアプリの開発をしたり、WEBアプリの開発をしたりと手を伸ばすことが可能です。

Unityは楽しく学べることに加え、実践的なプログラミング力を身につけることができるため、プログラミング初心者の学習におすすめです。

②Unityひとつでスマホアプリから家庭用ゲームソフトまで!

Unityでは、iPhoneやAndroid、PlayStation4やMac、Windowsなど、さまざまなプラットフォームに対応したゲームを制作することができます。

本来、スマホアプリを制作するためには、iPhone(iOS)とAndroidでそれぞれのプログラミング言語を用いる必要があるため、ふたつのプログラミング言語を習得する必要があります。

ところがUnityは、簡単な設定だけでさまざまなプラットフォームに対応するように変換でき、使用するプログラミング言語はC#のみなので、覚えやすいです。

新しく発売したPlayStation5向けゲームも、Unityなら簡単に作ることができます。

③豊富な機能・美しいビジュアルが無料で使える!

Unityは、スマートフォン向けのモバイル3Dゲームで約50%、AR/VR向けのアプリでは約60%のシェアを誇っています。また、Unityの技術を利用したアプリがインストールされた端末は全世界で30億台以上存在すると言われています。

これほどまでに高い評価を得ている理由として、豊富な機能と美しいビジュアルが完全無料で使用できることが挙げられます。

Unityにはさまざまなオブジェクトがデフォルトで用意されており、アニメーションの設定が簡単にできます。加えて、ゲームをリアルにするための必要な法則を設定のみで加えることができます。

例えば重力を設定しないと、キャラクターが地面を歩く、ジャンプをした後に落下するなど、当たり前の動きが起きなくなります。それ以外にも、物体同士が衝突したときに反発する力や、物体を引きずったときに発生する摩擦力などが設定されていないと、リアルなゲームは制作できません。

Unityはこういったリアルなゲームに必要な要素を簡単に設定できる、多くの機能を備えています。

想像力をくすぐるリアルな背景に加え、キャラクターの髪が風になびくといったリアルな描写が作れるという点は、Unityの大きな魅力です。完成度にこだわってものづくりをしたい方にはとくにおすすめです。

まとめ

Unityは、ゲームを作ってみたい人だけでなく、将来エンジニアになりたい人にもおすすめできる技術です。
Unityを専門で教える専門学校も増えており、企業・教育機関を問わずシェアを広げています。

小学生・中学生・高校生を含め、プログラミング初心者の方でも手軽に始めることが可能です。ゲームだけでなくさまざまな分野で使われているゲームエンジンのUnityを、楽しみながら実践的に学んでみませんか?

プログラミング未経験者がUnity(ユニティ)を体験できるプログラミング教室、N Code Labo(Nコードラボ)とは?

N Code Laboは、小学生・中学生・高校生に実践的なプログラミング教育を提供しているプログラミング教室です。新宿・秋葉原・横浜の3教室で開講している通学コースと、オンラインで学ぶネットコースがあります。
カリキュラムはIT業界で活躍する人材を輩出しているN高等学校のプログラミング教育がベースとなっており、作品を作り上げる大切さや楽しさを味わいながら、一人ひとりの速度に合わせた少人数制でプログラミングが学べます。

パソコンやタブレットなど好きなツールで始められるため、プログラミング未経験者や、子どもでも自分オリジナルの作品が作れます。プログラミングをより実践的に学べるのがUnity。プログラミング教育の必要性が高まる今こそ、Unityの世界を体験してみてください。

ネットでも通学でも ゲームプログラミングなら N Code Labo

N Code Labo では、Unityが学べる体験授業を”無料”で開催しています。
プログラミングを全くしたことがなくても、少しでもUnityに興味を持ったなら、ぜひ、無料の体験授業にお越しください。そして、プログラミングの楽しさを一緒に体感しましょう。

↓体験授業の詳細、お申し込みは下のボタンから↓

詳しい資料の請求や
無料体験へのお申し込みはこちら