N Code Labo現役講師による、プログラミング書籍(Scratch)が出版されました!

rule_netCourse

terms_netCourse

PC入門書を多数出版する「できるシリーズ編集部」よりこのたび、N Code Labo現役講師によるプログラミング書籍が出版されました!

 

「お子さんに楽しみながらプログラミングを学ばせたい」「子どもにプログラミングを学ばせたいけど、何から始めていいか分からない」とお考えの方のオススメの入門書となっています。

 

 

『できるキッズ スクラッチでゲームをつくろう! 楽しく学べるプログラミング』

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003348.000005875.html

 

※ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003348.000005875.html より抜粋

 

<目次>

第1章 スクラッチを使ってみよう

第2章 おむすびゲームを作ろう

第3章 おむすびゲームを改造しよう

第4章 おかしキャッチを作ろう

第5章 おかしキャッチを改造しよう

第6章 とげとげゲームを作ろう

第7章 とげとげゲームを改造しよう

 

本書は小さな子どもでも理解しやすいよう編集されており、人気がある「お絵かき(ペイントエディター)」から始め、家族のみなさんで遊べるゲームも掲載されています。マウスやキーボードの操作方法、ローマ字入力表などの付録も充実している書籍です。

 

著作者プロフィール

執筆したのは、現在N高等学校に在籍しながら、N Code Labo講師としても活躍する三橋優希(みはしゆうき)さんです。

 

三橋優希(みはしゆうき)

 

 

2018年 全国小中学生プログラミング大会でグランプリ受賞。小中高生クリエータ支援プログラム「未踏ジュニア」にて「UTIPS – 家事の情報共有サービス」を企画・開発し、スーパークリエータに認定される。CoolestProjects2018 Games + Web Games部門最優秀賞受賞など、国内外で数々の受賞経験あり。現在はN高等学校の生徒として学びながら、N Code Laboの講師を勤める。ScratchとUnityを主に教えており、生徒のプログラミング力を伸ばしながら、作品作りをサポートしている。

 

「小さい頃から、プログラミングを楽しんでほしい」

 

Scratchは子どもが学習しやすいように作られたビジュアルプログラミング言語です。著者である三橋さん自身も、小学5年生の時にお父さんからScratchの存在を教えてもらったそう。そこから三橋さんはプログラミングの世界へのめり込み、現在は高校生として勉学に励みながら、Webデザイナー/プログラミング講師としても幅広く活躍されています。

教育現場でICT化が急速に進むなか、本書は、新しいモノを創り出すクリエイター的視点を、お子様自身が持つ大きなキッカケとなるはずです。この機会にぜひ、お手に取ってみてはいかがでしょうか?

詳しい資料の請求や
無料体験へのお申し込みはこちら