コース

N高等学校で実績を残してきた独自のカリキュラムで、
初心者から上級者まで、自分の力に合わせた実践的なプログラミングを学べます。
2つのコースでプログラマによる少人数指導を実施しており、
手厚いサポートで学習を進めることができます。

ジュニアコース

対象学年:小学1年生〜4年生
受講回数:隔週

ジュニアコースの様子

パソコン、スマートフォンで遊べるゲーム制作やロボット制作を通じて、
プログラミングの基礎を身につけます。

主な使用ツール

ScratchJr
ScratchJr

小学生低学年向けの、対話型の物語やゲームを作成することができる、入門用のプログラミング言語です。ゲームを作りながらプログラミングの基礎を学習することができます。

© 2014 Massachusetts Institute of Technology and Tufts University, All Rights Reserved.
Scratch
Scratch

簡単なパソコン操作で、画面上のブロックを組み合わせて使うプログラミング開発環境です。ゲームを作りながらプログラミングの基礎を学習することができます。

※ ScratchはMITメディアラボ ライフロングキンダーガーデンのプロジェクトです。
レゴ® マインドストーム®
レゴ® マインドストーム®

ブロック教材で組み立てたロボットを、プログラミングによって自由に制御することができます。ロボットを動かしながらプログラミングの基礎を学習することができます。

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.

学習の流れ

A君
小学1年生の
A君の場合

タブレットの操作から始めて、
プログラミングを用いた
ゲーム制作技術を習得!

プログラミングができるように、まずはタブレット操作から。パソコンに慣れたら、いつも遊んでいるようなゲームを制作し、自分のオリジナル作品も作ります。もっと難しい2D/3Dゲームを作ることができるようになるために、その後はクリエイティブコースで発展的な内容を学びます。

Step 1
ScratchJrで
ゲームを作ってみよう
Step 2
Scratchで
ゲームを作ってみよう
Step 3
より難しい
クリエイティブコースへ
B君
小学2年生の
B君の場合

工作が大好き!
レゴロボットを動かしてみたい!

まずは操作するレゴロボットを組み立てます。その後、プログラミングを用いてレゴロボットを歩かせたり、手でものを掴めるようにしたり……。その後はレゴ® マインドストーム®をより深く学習したり、別のプログラミングを学んだりと、さまざまな方向にチャレンジします。

Step 1
ロボットに簡単な
動きをさせてみよう
Step 2
ロボットに複雑な
動きをさせてみよう
Step 3
オリジナルのロボットを
作ってみよう

クリエイティブコース

対象学年:小学5年生〜高校3年生
受講回数:週1回(隔週や週2〜4回も可)

クリエイティブコースの様子

2D/3Dゲームの制作や、スマホアプリ制作、AI/機械学習など、
自分の学びたいことに合わせたプログラミングを学習します。

主な使用ツール

Unity(C#)
Unity(C#)

2D/3Dゲームを作成することができるゲームエンジンです。プログラミング言語C#を用いて、VRやスマートフォンアプリを制作することも可能です。

© UTJ/UCL
Swift
Swift

ネイティブアプリを開発するためのプログラミング言語です。Apple社が開発した言語であり、iPhoneアプリやMacPCアプリ、Apple Watchアプリなどを開発することができます。

Python
Python

汎用のプログラミング言語です。WEBアプリやAI/機械学習などを、他のプログラミング言語よりもシンプルに開発することができます。

学習の流れ

A君
小学6年生の
A君の場合

ScratchからUnityを学んで
もっと複雑なゲーム制作を!

現在のゲーム制作で使用される代表的なツールであるUnity。Scratchよりも複雑な操作が必要になるため、まずは慣れながら2D/3Dゲームを制作します。その後シューティングゲームやパズルゲームを作成し、最終的にはオリジナルのゲームを制作します。

Step 1
Unityに慣れよう
Step 2
2D/3Dゲームを
制作しよう
Step 3
オリジナルのゲームを
制作しよう
B君
中学2年生の
B君の場合

iPhoneアプリを制作して、自分がいつも使っているものを発信する側へ!

まずはiPhoneアプリを制作するために必要な、Swiftというプログラミング言語とX Codeというツールを使いこなせるように演習します。その後、日本や世界で使われている発展的なアプリを制作し、最終的にオリジナルのアプリを制作します。

Step 1
Swiftの基本構文を
理解しよう
Step 2
発展的なアプリを
開発しよう
Step 3
オリジナルの
スマホアプリを制作しよう
Cさん
高校2年生の
Cさんの場合

AI/機械学習を学んで、
社会の課題を解決するAIを作る!

世界で最もシェアが広いPythonというプログラミング言語の基礎を習得します。その後、WEBアプリ制作の手法を学び、オリジナルサービスを制作します。最終的には、社会課題を解決するための独自AI/機械学習を利用したWEBアプリ開発に挑戦します。

Step 1
Pythonの構文を
学習しよう
Step 2
Pythonで
Webアプリを制作しよう
Step 3
AIを用いて社会の
課題を解決しよう

また、どのような内容を学習できるのか相談したい方は、
問い合わせフォームにて承っております。
※お電話での問い合わせ受付停止中

03-6300-920303-6300-9203※お電話でのお問い合わせ受付停止中

詳しい資料の請求や
無料体験へのお申し込みはこちら